ステップは大阪府認定の児童発達支援・放課後等デイサービス施設です。

ステップは学習塾として40年の歴史と実績!

ステップがスタートしたのは今から約40年前。

寺子屋的な学習塾として始まりました。

40年前といえば今のように「発達障害」という言葉すらありません。

ですが、やはり中には今でいうところの発達障害を持っているお子様もたくさんいらっしゃいました。

しかし、ステップの一人ひとりに合わせたカリキュラムにより、

    • 見事超難関大学合格
    • 博士号取得
    • 医師

などなどステップの卒業生は各方面で活躍中です!

 

ステップは「未来のエジソン」を育てます!

ステップの特色

ステップの特色をご紹介します。

学習に重点をおいています

約40年の学習塾の経験を活かし、お子さんに合わせた学習指導をいたします。

また、学習の補助として平均台やトランポリンなどを使い、五感教育にも取り組んでいます。
学習能力が向上すると自信が付き、運動能力も伸びていきます。
また逆に、運動能力が伸びると学習能力も伸びるといった相乗効果が期待できます。
そうなることによってお子さんの自立に繋がり、お父さんお母さんに希望がわき、毎日が精神的にも肉体的にも楽になると考えています。

薬剤師が常駐

薬剤師が常駐していますので、医学的検知からアドバイスいたします。

気功・ドイツ波動健康法を取り入れています

気功や、医療先進国であるドイツでは実際に医師が治療に役立てている波動療法を取り入れています。

作業療法(OT)をカリキュラムに取り入れています

手先が不器用なお子さんのために、工作では作業療法の理論に基づいたプログラムを取り入れています。

天才・エジソンも発達障害だった!?

ご存知ですか?

あの有名な発明王トーマス・エジソン。

実は彼は現代で言うところのADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)やアスペルガー症候群ど、いわゆる「発達障害」を持っていたと考えられています。

エジソンは「なぜなんだろう?」という疑問を強く持っていたため、教師を質問攻めにし授業を度々中断させていました。

そのためエジソンは、小学校をなんと3ヶ月で退学させられてしまいます。

しかし、元教師であったエジソンの母は彼の才能を信じ、自ら家庭で教師役をつとめました。

エジソンの他にもアルバート・アインシュタイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ・ガリレイなど、天才と言われる人物で発達障害であったと言われている人は数知れません。

 

このように、発達障害では通常の学習において困難も多いのですが、周囲・社会に受け入れられることによりその能力が大きく開花することが考えられます。

エジソンは幼少期に母親という身近な存在からの理解を得、個性に合わせた教育を受けたことがその後の大成功につながったのでしょう。

天才とは、1%の閃きと99%の努力である。

トーマス・エジソン